胸中、成竹ありについて

胸中、成竹あり
読み方きょうちゅう、せいちくあり
意味事をするにあたって、あらかじめ成算があるというたとえ。胸中に、絵として完成した竹を思い浮かべて描きはじめるという意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る