門松は冥土の旅の一里塚について

門松は冥土の旅の一里塚
読み方かどまつはめいどのたびのいちりづか
意味門松はめでたいものだが、飾るたびに年を重ね死に近づくので、いわばあの世に向かう一里塚のようなものだということ。「冥土」は、あの世のこと。
「一里塚」は、街道に一里ごとに築かれ、旅人のための里程標となった塚のこと。この歌は一休作という説があり、このあとに「めでたくもありめでたくもなし」と続けてもいわれる。
出典

松を含むことわざ

「松」を含むことわざを全て見る

冥を含むことわざ

塚を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る