冥土の道には王なしについて

冥土の道には王なし
読み方めいどのみちにはおうなし
意味現世での身分の上下、貧富の差は、死ねばいっさい無くなるということ。また、死は誰にも等しく訪れるということ。「冥土」は「冥途」とも書き、死者の霊魂が行くという世界のこと。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る