人間は考える葦であるについて

言葉人間は考える葦である
読み方にんげんはかんがえるあしである
意味人間は自然の中ではか弱い存在であるが、思考する存在としては偉大であるということ。フランスの哲学者パスカルの「人間は自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である」という言葉から。
出典

使用されている漢字

「人」を含むことわざ

「人」を含むことわざを全て見る

「間」を含むことわざ

「考」を含むことわざ

「葦」を含むことわざ

ページ先頭に戻る