男は敷居を跨げば七人の敵ありとは

言葉男は敷居を跨げば七人の敵あり
読み方おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり
意味男が世の中に出て活動するようになると、多くの競争相手や敵に出会うということのたとえ。
男が敷居を跨いで外に出れば七人の敵がすでに待ち構えているとの意から。
「敷居を跨げば七人の敵あり」「男子家を出ずれば七人の敵あり」ともいう。
異形 敷居を跨げば七人の敵あり(しきいをまたげばしちにんのてきあり)
男子家を出ずれば七人の敵あり(だんしいえをいずればしちにんのてきあり)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「男」を含むことわざ

「敷」を含むことわざ

「居」を含むことわざ

「跨」を含むことわざ

「七」を含むことわざ

「七」を含むことわざを全て見る

「人」を含むことわざ

「人」を含むことわざを全て見る

「敵」を含むことわざ

「敵」を含むことわざを全て見る

「子」を含むことわざ

「子」を含むことわざを全て見る

「家」を含むことわざ

「家」を含むことわざを全て見る

「出」を含むことわざ

ページ先頭に戻る