月に叢雲、花に風について

言葉月に叢雲、花に風
読み方つきにむらくも、はなにかぜ
意味良いこと、楽しいことにはとかく邪魔が入りやすく長続きしないというたとえ。名月には雲がかかって見えず、春の花は風が吹いて花びらを散らすということから。
出典
類句 好事、魔多し(こうじ、まおおし)
花に嵐(はなにあらし)

使用されている漢字

「月」を含むことわざ

「月」を含むことわざを全て見る

「叢」を含むことわざ

「雲」を含むことわざ

「花」を含むことわざ

「風」を含むことわざ

「風」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る