歓楽極まりて哀情多しとは

言葉歓楽極まりて哀情多し
読み方かんらくきわまりてあいじょうおおし
意味喜びや楽しみが極まると、あとは悲しみの情が生じるということ。
出典漢武帝「秋風辞」 
類句 楽しみ尽きて悲しみ来る(たのしみつきてかなしみきたる)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「歓」を含むことわざ

「楽」を含むことわざ

「極」を含むことわざ

「哀」を含むことわざ

「情」を含むことわざ

「多」を含むことわざ

ページ先頭に戻る