楽あれば苦あり、苦あれば楽ありについて

言葉楽あれば苦あり、苦あれば楽あり
読み方らくあればくあり、くあればらくあり
意味人生はいつも楽しいことばかりではなく苦しいこともある、逆に苦しいことばかりではなく楽しいこともあるということ。
「楽あれば苦あり」「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」とも言う。
江戸いろはがるたの一つ。
出典
別表記 楽あれば苦あり(らくあればくあり)
苦あれば楽あり、楽あれば苦あり(くあればらくあり、らくあればくあり)
類句 楽は苦の種、苦は楽の種(らくはくのたね、くはらくのたね)
苦あれば楽あり(くあればらくあり)

使用されている漢字

「楽」を含むことわざ

「苦」を含むことわざ

ページ先頭に戻る