芋頭でも頭は頭について

芋頭でも頭は頭
読み方いもがしらでもかしらはかしら
意味どんなに小さな集団の長でも、長にかわりはないということ。「芋頭」は里芋の球茎、親芋。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る