ダモクレスの剣とは

言葉ダモクレスの剣
読み方だもくれすのけん
意味栄華というものも、不安定で常に危険が迫っていることのたとえ。
「ダモクレス」とは、シチリア島のシラクサの国王ディオニュシオスの家臣ダモクレスのこと。
ダモクレスはいつもの王位をうらやましく思っていた。
そこで、王はある晩餐でダモクレスに自身の席である王座に座るように勧めた。
王座に座ったダモクレスがふと上を見上げると、天井から今にも切れそうな細い糸で剣が吊るされていた。
それを見たダモクレスは慌ててその場から逃げ出した。
王という立場には常に危険があるということを玉座に座らせることで示し、ダモクレスもそれを理解したという故事から。
異形 ダモクレスの剣(だもくれすのつるぎ)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「剣」を含むことわざ

ページ先頭に戻る