昔の剣、今の菜刀について

昔の剣、今の菜刀
読み方むかしのつるぎ、いまのながたな
意味昔は有能であった人も、年をとると役に立たなくなるというたとえ。また、いくら良いものでも今の役にたたないものより、つまらないものでも今の役にたつもののほうがいいということ。
出典
類義語 昔は肩で風を切り、今は歩くに息を切る(むかしはかたでかぜをきり、いまはあるくにいきをきる)
も老いては駑馬に劣る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る