舟に刻みて剣を求むについて

言葉舟に刻みて剣を求む
読み方ふねにきざみてけんをもとむ
意味古いしきたりや習わしにとらわれて、状況の変化に応じることができない愚かさのたとえ。中国の楚の人が舟で長江を渡る途中、乗っている舟から剣を落とし、慌てて舟べりに印をつけて、舟が岸に着いた時その下の川底を捜したという故事から。「舟に刻(こく)して剣を求む」「剣を落として舟を刻む」「刻舟」ともいう。
出典『呂氏春秋』察今

「舟」を含むことわざ

「刻」を含むことわざ

「剣」を含むことわざ

「剣」を含むことわざを全て見る

「求」を含むことわざ

「求」を含むことわざを全て見る

使用されている漢字

ページ先頭に戻る