七年の病に三年の艾を求むについて

七年の病に三年の艾を求む
読み方しちねんのやまいにさんねんのもぐさをもとむ
意味事態が差し迫って慌てても間に合わないので、日ごろの心がけが大事だということ。七年もの間病気に苦しんだあとで、三年乾かさないといけない上等の艾を求めるということから。
出典『孟子』

使用されている漢字

ページ先頭に戻る