いつも月夜に米の飯について

いつも月夜に米の飯
いつもつきよにこめのめし
読み方いつもつきよにこめのめし
意味飽きることのない気楽な生活のたとえ。また、現実はなかなかそうはいかないということ。昔の人にとって月の光はありがたく、米の飯は貴重だったため、それが毎日続けば言うことがないという意から。「月夜に米の飯」ともいう。
出典

「月」を含むことわざ

「月」を含むことわざを全て見る

「夜」を含むことわざ

「米」を含むことわざ

「米」を含むことわざを全て見る

「飯」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る