名のない星は宵から出るについて

名のない星は宵から出る
読み方なのないほしはよいからでる
意味最初に出て来るものに、たいしたものはないというたとえ。また、心待ちにしている人は現れず、待ってもいない者が早々にやって来ることのたとえ。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る