籠鳥雲を恋うについて

籠鳥雲を恋う
読み方ろうちょうくもをこう
意味拘束された者が自由な境遇をうらやむことのたとえ。また、故郷を恋しく思うことのたとえ。籠の鳥が空の雲を恋しく思うという意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る