沈丁花は枯れても香しについて

言葉沈丁花は枯れても香し
読み方じんちょうげはかれてもかんばし
意味もともと良いものは、たとえ盛りが過ぎても値打ちがあるというたとえ。沈丁花は枯れてもなおよい香りがするということから。
出典
類句 腐っても鯛(くさってもたい)
破れても小袖(やぶれてもこそで)

使用されている漢字

「沈」を含むことわざ

「丁」を含むことわざ

「花」を含むことわざ

「枯」を含むことわざ

「枯」を含むことわざを全て見る

「香」を含むことわざ

ページ先頭に戻る