怒れる拳、笑顔に当たらずについて

言葉怒れる拳、笑顔に当たらず
読み方いかれるこぶし、えがおにあたらず
意味怒って強い態度で向かってきた者に対しても、優しい態度で接するほうが効果的であるということ。怒って振り上げた拳も、相手の笑顔に気勢をそがれて打ち下ろせないという意から。
出典
類句 尾を振る犬は叩かれず(おをふるいぬはたたかれず)
袖の下に回る子は打たれぬ(そでのしたにまわるこはうたれぬ)

「怒」を含むことわざ

「拳」を含むことわざ

「笑」を含むことわざ

「顔」を含むことわざ

「当」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る