怪力乱神を語らずについて

言葉怪力乱神を語らず
読み方かいりょくらんしんをかたらず
意味君子というものは道理にそむいたこと、理性で説明がつかないことは口にしないということ。転じて、不確かなこと、怪しげなことは口にすべきではないということ。「怪力乱神」は、「怪しく不思議なこと」「強い力」「道理を乱すこと」「鬼神」をあわせていったもので、計り知れない不思議な現象や存在のこと。
出典『論語』

使用されている漢字

「怪」を含むことわざ

「力」を含むことわざ

「乱」を含むことわざ

「神」を含むことわざ

「神」を含むことわざを全て見る

「語」を含むことわざ

「語」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る