紫の朱を奪うについて

言葉紫の朱を奪う
読み方むらさきのあけをうばう
意味邪道なものが正しいものに取って代わり、その地位を奪うことのたとえ。
古代中国で、正色とされていた朱色にかわり、中間色の紫が好まれるのを孔子が憎み嘆いたという故事から。
「朱を奪う紫」ともいう
出典『論語』陽貨
類句 朱を奪う紫(あけをうばうむらさき)

使用されている漢字

「紫」を含むことわざ

「朱」を含むことわざ

「奪」を含むことわざ

「奪」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る