桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿について

言葉桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿
読み方さくらきるばか、うめきらぬばか
意味樹木の剪定(せんてい)方法をいったことば。桜は枝を切ると枯れることがあるのでそのままがいいし、梅は無駄な枝が伸びないように切ったほうがよいということ。
出典

使用されている漢字

「桜」を含むことわざ

「桜」を含むことわざを全て見る

「切」を含むことわざ

「馬」を含むことわざ

「鹿」を含むことわざ

「鹿」を含むことわざを全て見る

「梅」を含むことわざ

ページ先頭に戻る