禍を転じて福となすについて

言葉禍を転じて福となす
読み方わざわいをてんじてふくとなす
意味自分の身にふりかかった災難を上手く利用して、結果的に自分の有利になるように取り計らうこと。
出典『戦国策』燕策

使用されている漢字

「禍」を含むことわざ

「転」を含むことわざ

「福」を含むことわざ

ページ先頭に戻る