禍福は糾える縄の如しについて

言葉禍福は糾える縄の如し
読み方かふくはあざなえるなわのごとし
意味わざわいと幸福は、より合わせた縄のように表裏一体を成しているということ。「糾う」とは縄をより合わせること。
出典『史記』
類句 塞翁が馬(さいおうがうま)
沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり(しずむせあればうかぶせあり)

使用されている漢字

「禍」を含むことわざ

「福」を含むことわざ

「糾」を含むことわざ

「糾」を含むことわざを全て見る

「縄」を含むことわざ

「如」を含むことわざ

ページ先頭に戻る