値を二つにせずについて

言葉値を二つにせず
読み方あたいをふたつにせず
意味相手によって、値段を上げたり下げたりするような悪賢い商売はしないということ。
出典『後漢書』

使用されている漢字

「値」を含むことわざ

「二」を含むことわざ

ページ先頭に戻る