関の山について

言葉関の山
読み方せきのやま
意味物事がうまく進んだ場合でも、これ以上はできないという限度。せいぜい。
出典

使用されている漢字

「関」を含むことわざ

「山」を含むことわざ

ページ先頭に戻る