光陰に関守なしについて

言葉光陰に関守なし
読み方こういんにせきもりなし
意味月日がとどまることなく、過ぎていくことのたとえ。「光」は日、「陰」は月、「関守」は関所の番人の意。月日は、流れていくことを止める番人などいないのだから、早く過ぎ去っていくという意から。
出典
類句 月日に関守なし(つきひにせきもりなし)
歳月人を待たず(さいげつひとをまたず)
光陰矢の如し(こういんやのごとし)

使用されている漢字

「光」を含むことわざ

「光」を含むことわざを全て見る

「陰」を含むことわざ

「関」を含むことわざ

「守」を含むことわざ

ページ先頭に戻る