阿弥陀の光も銭次第とは

言葉阿弥陀の光も銭次第
読み方あみだのひかりもぜにしだい
意味金の力は絶大だというたとえ。阿弥陀仏の御利益も供える金の多少に影響されるということから。
異形 阿弥陀の光も金次第(あみだのひかりもかねしだい)
類句 金の光は阿弥陀ほど(かねのひかりはあみだほど)
地獄の沙汰も金次第(じごくのさたもかねしだい)
金さえあれば飛ぶ鳥も落ちる(かねさえあればとぶとりもおちる)
銭あれば木仏も面を返す

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「阿」を含むことわざ

「阿」を含むことわざを全て見る

「弥」を含むことわざ

「弥」を含むことわざを全て見る

「陀」を含むことわざ

「光」を含むことわざ

「光」を含むことわざを全て見る

「銭」を含むことわざ

「銭」を含むことわざを全て見る

「次」を含むことわざ

「次」を含むことわざを全て見る

「第」を含むことわざ

「金」を含むことわざ

ページ先頭に戻る