娑婆で見た野次郎について

娑婆で見た野次郎
読み方しゃばでみたやじろう
意味知っている人間に、知らないふりをすることのたとえ。
ある僧侶が佐渡で土中入定すると見せかけて、こっそり越後に渡り、そこで知り合いの野次郎という男に声をかけられたが知らん顔をするが、しらを切り通せなくなり「げにもげにもよく思い合はすれば娑婆で見た野次郎か」と言った笑い話に基づくという。「弥次郎」は、「弥三郎」「弥十郎」などともいう。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る