鬼も十八、番茶も出花について

言葉鬼も十八、番茶も出花
読み方おにもじゅうはち、ばんちゃもでばな
意味器量が悪くても、年ごろになれば誰でも娘らしい魅力が出てくるということ。鬼の娘でも十八という年ごろになれば娘らしくなるし、安い番茶も入れたては香りがよくおいしいという意から。
出典
類句 薊の花も一盛り(あざみのはなもひとさかり)

使用されている漢字

「鬼」を含むことわざ

「十」を含むことわざ

「八」を含むことわざ

「番」を含むことわざ

「茶」を含むことわざ

「出」を含むことわざ

「花」を含むことわざ

ページ先頭に戻る