株を守りて兎を待つとは

言葉株を守りて兎を待つ
読み方かぶをまもりてうさぎをまつ
意味古い習慣や過去の偶然の成功にこだわり、進歩や向上がないことのたとえ。
中国・宋の農民が農作業をしていると、兎が木の切り株にぶつかって死んだ。農民は労せず兎を手に入れることができたその経験以来、農作業をせずに毎日切り株を見張っていたという故事から。
「守株」ともいう。
出典『韓非子』
異形 株を守りて兎を待つ(くいぜかぶをまもりてうさぎをまつ)
守株(しゅしゅ)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「株」を含むことわざ

「守」を含むことわざ

「兎」を含むことわざ

「兎」を含むことわざを全て見る

「待」を含むことわざ

「待」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る