犬兎の争いとは

言葉犬兎の争い
読み方けんとのあらそい
意味無益な争いをしている間に、第三者に利益を横取りされてることのたとえ。
犬が兎を追いかけている間に、両者とも力尽きて死んでしまった。
それを通りかかった農夫が自分の獲物として手にいれたという故事から。

出典『戦国策』
異形 田父の功(でんぷのこう)
類句 鷸蚌の争い
漁夫の利(ぎょふのり)

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「犬」を含むことわざ

「犬」を含むことわざを全て見る

「兎」を含むことわざ

「兎」を含むことわざを全て見る

「争」を含むことわざ

「争」を含むことわざを全て見る

「田」を含むことわざ

「田」を含むことわざを全て見る

「父」を含むことわざ

「功」を含むことわざ

「功」を含むことわざを全て見る
ページ先頭に戻る