食らえどもその味わいを知らずについて

食らえどもその味わいを知らず
読み方くらえどもそのあじわいをしらず
意味何事も精神を集中しないと、身につかないというたとえ。ただ食べていたのでは、その食べ物の味はわからないという意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る