敵は本能寺にありについて

敵は本能寺にあり
読み方てきはほんのうじにあり
意味本当の目的が別にあることのたとえ。
戦国時代、明智光秀  が備中の毛利を攻めると見せかけて出陣し、途中で進路を変え、京都本能寺の織田信長を討ったという故事から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る