ぽつぽつ三年、波八年について

ぽつぽつ三年、波八年
読み方ぽつぽつさんねん、なみはちねん
意味何事も一人前になるには、それなりの年月が必要だというたとえ。日本画で、ぽつぽつと点で苔を描けるようになるのに三年、波を描けるようになるのに八年かかるという意から。
出典
類義語 首ふり三年ころ八年

使用されている漢字

ページ先頭に戻る