単糸、線を成さずについて

単糸、線を成さず
読み方たんし、せんをなさず
意味人間はひとりでは何もできないというたとえ。「単糸」は一本の糸のことで、これをより合わせて撚糸にするが、単糸一本ではそれができないという意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る