殷鑑遠からずについて

言葉殷鑑遠からず
読み方いんかんとおからず
意味戒めとなる失敗の例は、すぐ身近にあるというたとえ。殷の国民が鑑(かがみ)とすべき手本は、遠い時代に求めなくても、前代の夏(か)の滅亡がよい戒めであるという意から。
出典『詩経』

「殷」を含むことわざ

「殷」を含むことわざを全て見る

「鑑」を含むことわざ

「遠」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る