君子に三楽ありについて

言葉君子に三楽あり
読み方くんしにさんらくあり
意味人格者が楽しみとする三つのこと。
両親兄弟が健在なこと、世の中に恥じることのない正しい心を持つこと、優れた人材を教育することをいう。
単に「三楽」ともいう。
出典『孟子』
別表記 君子の三楽(くんしのさんらく)
類句 三楽(さんらく)

使用されている漢字

「君」を含むことわざ

「子」を含むことわざ

「三」を含むことわざ

「楽」を含むことわざ

ページ先頭に戻る