君子は憂えず懼れずについて

言葉君子は憂えず懼れず
読み方くんしはうれえずおそれず
意味徳の高い人物は、行いが正しく心にやましいところがないから、何も心配しないし恐れることもないということ。
出典『論語』

「君」を含むことわざ

「子」を含むことわざ

「憂」を含むことわざ

「懼」を含むことわざ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る