曲水の宴について

曲水の宴
読み方きょくすいのえん
意味平安時代、陰暦の三月三日の節句に宮中で行われた行事の一つ。庭園の曲水に臨んで座し、上流から流される杯が自分の前を通り過ぎないうちに詩歌を詠み、その杯を取って酒を飲むという遊び。「ごくすいのえん」とも読む。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る