千里の馬も伯楽に会わずについて

千里の馬も伯楽に会わず
読み方せんりのうまもはくらくにあわず
意味有能な人も、その真価を見抜いて能力を引き出してくれる人とはなかなか出会えないということ。「千里の馬」は、一日に千里も走れるほどの名馬。転じて、優れた才能の人物。「伯楽」は牛馬の良し悪しを見分ける名人のこと。転じて、人物を見抜いて、その才能を引き出し育てる優れた指導者のこと。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る