いずれ菖蒲か杜若について

いずれ菖蒲か杜若
読み方いずれあやめかかきつばた
意味どちらもすぐれていて優劣をつけにくく、選択に迷うたとえ。菖蒲も杜若もよく似た美しい花で区別がむずかしいことから。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る