天道様と米の飯はどこへも付いて回るについて

天道様と米の飯はどこへも付いて回る
読み方てんとうさまとこめのめしはどこへもついてまわる
意味どんな所にも太陽が当たるように、どこへ行っても暮らしていけるということ。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る