理屈と膏薬はどこへでも付くについて

言葉理屈と膏薬はどこへでも付く
読み方りくつとこうやくはどこへでもつく
意味体のどこにでも付く膏薬のように、理屈はつけようと思えば、どんなことにでも、もっともらしくつけられるということ。
出典
類句 柄のない所に柄をすげる(えのないところにえをすげる)

使用されている漢字

「理」を含むことわざ

「屈」を含むことわざ

「膏」を含むことわざ

「薬」を含むことわざ

「付」を含むことわざ

ページ先頭に戻る