盗人にも三分の理について

盗人にも三分の理
読み方ぬすびとにもさんぶのり
意味どんなことでも、こじつければ理屈はつけられるというたとえ。盗みは悪いことだが、それを正当化する三分ほどの理屈があるという意から。「泥棒にも三分の道理」「盗人にも一理屈」ともいう。
出典
類義語 乞食にも三つの理屈(こじきにもみっつのりくつ)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る