稲荷の前の昼盗人について

稲荷の前の昼盗人
読み方いなりのまえのひるぬすびと
意味神をも恐れない図々しい人のたとえ。稲荷神社の前で、昼間に物を盗むふとどき者という意から。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る