遅牛も淀、早牛も淀について

言葉遅牛も淀、早牛も淀
読み方おそうしもよど、はやうしもよど
意味早い遅いの差はあっても、結果は同じだからあわてることはないということ。
「淀」は京都市伏見区にある地名で、集荷場として栄えた場所。
荷物を運ぶ牛の歩みに多少の差があっても、結局行き着く所は淀であるという意から。
「早牛も淀、遅牛も淀」ともいう。
出典
類句 早牛も淀、遅牛も淀(はやうしもよど、おそうしもよど)
畦から行くも田から行くも同じ(あぜからいくもたからいくもおなじ)

使用されている漢字

「遅」を含むことわざ

「牛」を含むことわざ

「淀」を含むことわざ

「早」を含むことわざ

ページ先頭に戻る