いつも柳の下に泥鰌はいないについて

いつも柳の下に泥鰌はいない
読み方いつもやなぎのしたにどじょうはいない
意味一度うまくいったからといって、いつも同じ方法でうまくいくとはかぎらないということ。柳の下で一度泥鰌を捕まえたからといって、そこでいつも泥鰌を捕まえられるとはかぎらないという意から。
出典
類義語 柳の下にいつも泥鰌はいない(やなぎのしたにいつもどじょうはいない)
株を守りて兎を待つ(くいぜ(かぶ)をまもりてうさぎをまつ)
朔日毎に餅は食えぬ

使用されている漢字

ページ先頭に戻る