爾に出ずるものは爾に返るについて

言葉爾に出ずるものは爾に返る
読み方なんじにいずるずるものはなんじにかえる
意味自分がやった行いの報いは、よいことでも悪いことでも、いつか自分自身に返ってくるということ。
出典『孟子』梁恵王

使用されている漢字

「爾」を含むことわざ

「出」を含むことわざ

「返」を含むことわざ

ページ先頭に戻る