隴を得て蜀を望むについて

隴を得て蜀を望む
読み方ろうをえてしょくをのぞむ
意味一つの望みがかなうと、さらに次の望みが起こること。人間の欲望には、限りがないということのたとえ。
中国、魏の曹操が、部下の司馬懿(しばい)が隴の地を手に入れ、さらに蜀を攻めようとしたときに言ったという言葉。
出典『後漢書』
類義語 千石取れば万石羨む(せんごくとればまんごくうらやむ)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る