てらつつきの子は卵から頷くについて

てらつつきの子は卵から頷く
読み方てらつつきのこはたまごからうなずく
意味生まれながらの才能は、幼い時から自然に現れるというたとえ。「てらつつき」は、きつつきのこと。きつつきの子はえさの虫を捕るために、幼い時から首を上下に動かす癖があることから。
出典
類義語 栴檀は双葉より芳し(せんだんはふたばよりかんばし)

使用されている漢字

ページ先頭に戻る